×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ソフトダーツの投げ方

エレクトリックダーツとも呼ばれるソフトダーツ。投げ方やグリップの握り方など、決まった型はありませんが、基本的かつ代表的な型を少し紹介してみます。

まずグリップの握り方ですが、基本型としては、親指、人差し指、中指の三本の指で持つ三本掛けと、三本の指に薬指を添えた、四本掛けと言われる握り方が一般的です。スローの際のスタンスもそれぞれで、的に対して両足のつま先が向かい合う型を正面型。片方のつま先(前足)が的に向かい合い、もう一方のつま先(後ろ足)が、的に対し横向きになる型を中間型。両足のつま先が的に対して横向きになる型を側面型と言います。

次に実際の投げ方ですが、これも人それぞれではありますが、基本的な流れを説明してみます。まず目線は常に狙いをつけたポイントに合わせ、肩を肘から直角に伸ばし、ダーツを目線と狙いをつけた、ポイントの間に割り込ませます。次にその位置から肘を固定し、腕を引きます。そして引きつけた腕を前に押し戻す様な感じで投げます。投げ終わった際ボードに向かって手を伸ばす様で、指先が下を向く。と、なる様に心がけて投げるとよいでしょう。

言葉で説明すると少し難しい感じになりますが、実際に投げてみて感覚を掴む事ができると思います。後実際のプロの投げ方を見てイメージを掴んでおくと上達も早いと思います。プロの投げ方の動画があるので紹介しておきます。参考にしてみて下さい。

⇒プロの投げ方を動画でチェック