×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ソフトダーツの規格

一般的にダーツと言われるものにも、金属製の矢先のダーツを使用するハードダーツと、金属製の矢先ダーツを使用するソフトダーツの2種類があります。今回はソフトダーツの規格に関してハードダーツとの違いを少し探ってみました。


大きな違いとして先ほど述べた様、ダーツの矢先、そしてボードの大きさでしょうか。ハードダーツは13.2インチのボードを使用するのに対して、ソフダーツの規格では、15.5インチとハードダーツと比べても一回り大きくなっています。ちなみにボードもハードダーツはサイザル麻を使用した、ブリッスルボードと呼ばれる的に対して、ソフトダーツは穴が開いているプラスティック製のものを的としています。

ボードを設置する位置に関してですが、地面からの的の中心点の高さはソフト、ハード共に共通で173cmと決まっています。ボードとの距離には違いがあり、ボードの表面からの垂線とスローイングラインの間は、ハードダーツは237cm、ソフトダーツは244cmとソフトダーツのほうが、若干遠くなっています。ですがソフトダーツの方がボードは大きい為、初心者でも楽しみやすいのはソフトダーツではないでしょうか。

ダーツ初心者にとっては心強い味方となってくれるアイテム集があるのをご存知ですか?用語とかグッズとかを完全網羅しているのでチェックしておくと良いかもしれませんよ!

完全保存版!SOFTDARTS BIBLE